第1回 江口弘喜コレクション展~白秋書跡の世界~

2019/02/22


北原白秋生家の雛祭り

2019/02/22


生家の雛祭り

柳川では、「柳川雛祭り さげもんめぐり」(2月11日~4月3日)の開催中です。
柳川市内の各場所で、素敵な飾りを見られます。一年で一番華やかな柳川です。
北原白秋生家でも座敷いっぱいに雛壇とたくさんの「さげもん」を展示しています。
毎年好評で、多くの取材と多くの方にご来館いただいています。

【行事のご案内】
◆3月9日(土)・10日(日)10:00~15:00「柳川きもの日和」
※着物の方は「北原白秋生家・記念館」入館無料

◆3月9日(土)・10日(日)「朱欒の会」コンサート開催
北原白秋記念館1階ロビーにて
「朱欒の会」による白秋の詩の朗読と歌のコンサートを開催します。
開催時間(予定)11:00~  14:00~ (変更する場合もあります)



EXILE AKIRAさんと小島藤子さん 北原白秋生家・記念館を訪問

2019/02/05


1月25日「白秋生誕祭」の日に、柳川市で映画「この道」が上映されました。
AKIRAさんと小島さんは舞台挨拶に先立ち「北原白秋生家・記念館」を訪問され館内を熱心に拝見されました。
記念館で開催中の映画「この道」特別パネル展では、劇中シーンの特大パネルにサインをしていただきました。
現在、当館ではお二人のサインの展示と館内で撮影された写真を展示しています。

合成
写真:西日本新聞社/柳川市提供



♪この道BLENDコーヒー販売のお知らせ

2019/02/05


映画「この道」全国公開

2019/01/11


 本日11日より映画「この道」が全国で上映されます。
 北原白秋と山田耕筰 二人の出会いがなければ、100年続く《童謡》は生まれなかった。感動の物語です。
 劇中では「柳川」というセリフが何回か出てきます。白秋が19歳まで過ごした故郷柳川への想いが伝わります。
 多くの皆様にご覧いただきたいと思います。



映画公開記念「特別パネル展」開催中 北原白秋記念館ロビー

2019/01/11


IMG_0355

展示内容は、劇中シーン写真40点、映画の関係書籍:詩集『思ひ出』・歌謡集『白秋小唄集』・
水郷柳河写真集『水の構図』・『詩と音楽』(耕筰との合同編集)、
楽譜「この道」昭和3年発行、楽譜「からたちの花」大正14年発行

楽譜「この道」では、山田耕筰の「はしがき」があります。
・・・「この道」を手にした私は、いとけなかりし日を想ひ、あたたかい母の手にひかれて、そゞろあるきした道を偲び、
ありし日のあはい追憶に耽らずにはをられなかつた。私は亡き母の愛にしたりながら、静に「この道」を唱ひいでた。
どうか母を慕ふ心をつれびきとして、この小さい歌を唱つてください。(原文のまま) 



当記念館の資料展示中

2019/01/11


ユナイテッド・シネマとしまえん  ~2019年1月19日(土)まで(予定)
イオンシネマ新百合ヶ丘      ~2019年1月19日(土)まで(予定)
AMAZING COFFEE 中目黒    ~2019年1月31日(木)まで(予定) 



『この道』映画公開記念 特別パネル展開催!

2018/12/26


「この道」映画上映記念パネル展チラシ

=童謡誕生100年 この道= (2019年1.11(金)新春全国公開)

『この道』映画公開記念 特別パネル展開催!2019年1月4日(金)~3月31日(日)
童謡誕生100年を記念した映画『この道』の劇中のシーン写真・出演者紹介・白秋の詩をパネルで展示します。
北原白秋(大森南朋)と山田耕筰(AKIRA)の二人の大パネルは、二人が《童謡》について語り合っているようです。



映画『この道」関連書籍販売

2018/12/26


小説『この道』
映画主題歌「この道」(EXILE ATSUSHI)CD付き
著/大石直紀
価格/本体1700円+税
小学館

〈 書籍の内容 〉
映画『この道』の小説版。主題歌CD付き
童謡誕生100年に制作された映画『この道』の脚本から生まれたオリジナル小説。稀代の詩人・北原白秋と天才音楽家・山田耕筰の交流を通して人間味溢れる表現者たちの人生を描く。さらに映画の原点となった長編小説『ここ過ぎてー白秋と三人の妻―』の著者である瀬戸内寂聴と北原白秋を演じた大森南朋、山田耕筰を演じたAKIRA、瀬戸内寂聴の秘書・瀬尾まなほによる『この道』スペシャル座談会、瀬戸内寂聴と主題歌を歌うEXILE ATSUSHIとAKIRAのスペシャル鼎談も収録。EXILE ATSUSHIが歌う主題歌「この道」CD付き。
※瀬戸内寂聴氏と大森南朋氏は、座談会の中で北原白秋記念館を訪れたことをお話されています。

『ここ過ぎてー白秋と三人の妻―』
著/瀬戸内寂聴   価格/980円+税  小学館文庫
〈 書籍の内容 〉
北原白秋をめぐる三人の妻を描いた長編小説
詩集『邪宗門』をはじめ、数多くの詩歌を残し、膨大な数の童謡や校歌などの作詞も手掛ける一方で、姦通罪による逮捕など様々なスキャンダルにまみれた稀代の天才の陰には、俊子、章子、菊子という三人の妻の存在があった。丹念な取材を元に瀬戸内寂聴が1984年に発表した渾身の長編小説に著者の書き下ろし「あとがき」を収録。白秋の生涯を描いた2019年1月11日公開の映画『この道』の原点
※瀬戸内寂聴氏は、北原白秋記念館に昭和58年と60年にご来館いただいています。
                  



~白秋の詩歌で綴る~ 北原悌二郎画伯絵画展 11月1日〜30日

2018/10/09


20181005113000

 筑後を代表する画家北原悌二郎先生(1924-2012)は、柳川市総合美術展運営委員会会長をはじめ二紀会評議員・参与や北原白秋生家記念財団の理事を長きに亘り務めるなど、地元をはじめ日本の芸術文化の振興に貢献されました。
本展では、北原白秋の代表作『邪宗門』をテーマにした先生の作品「邪宗門沈黙の村」を中心に白秋の詩歌を添え、またその他の作品では、先生が愛した郷里柳川・有明海の豊かな風土を白秋の詩の世界とともに感じていただければと思います。

※ 絵画展期間中、柳川市民の方は無料(柳川市民であることがわかる公的証明書をご持参ください)




TOP北原白秋代表作品集白秋生家/資料館白秋資料集白秋・柳川MAP館内だより童謡の世界 | 交通アクセス| 白秋グッズ